更年期と睡眠障害

女性は40歳代後半から50歳代前半で閉経する方が多いです。
閉経を挟んだ10年前後が「更年期」と言われる時期なんですね。

スポンサードリンク


更年期には女性ホルモンの分泌が減少する為、更年期障害と呼ばれる様々な症状が出現してきます。これは女性ホルモンの分泌量の変化に身体がついていけず自律神経が乱れてしまうからなのです。


更年期障害の症状として良く聞くのは、ほてり、のぼせ、発汗等ですが、
入眠困難や途覚醒といった睡眠障害の症状を訴える方も非常に多いです。


布団に入ってもなかなか眠る事が出来ない...
夜中に何度も目が覚めてしまう...


上記のような睡眠障害に悩まされストレスを感じてしまう方も多いと聞きます。
更年期障害では「不眠」症状が強いようですね。


そしてこうした睡眠障害の症状と、
のぼせやほてりなどの身体症状は、
どうもお互いに作用し合っている事が多いという話です。


身体症状が酷い時は睡眠障害の症状も酷くなり、
逆に睡眠障害の症状が落ち着いてくると身体症状も落ち着いてくるという訳なんですね。


更年期障害はこの他にも不快な症状が数多くありますが、
決して一生続くものではないですので何とか乗り越えてほしいです。
あまりにも辛い場合は専門医に相談をしたり、漢方を処方して貰いましょう。

スポンサードリンク



この記事のタグ

サイト内関連記事

女性と睡眠障害
女性ホルモンの変化等が関係している女性特有の睡眠障害がある事を皆さんはご存知でし......
月経周期に伴う過眠や不眠
月経の1週間前くらいから月経の最初の頃にかけて猛烈な眠気に襲われてしまう女性はい......
妊娠に伴う過眠や不眠
妊娠中も女性は女性特有の睡眠障害に悩まされる事があります。 人によって症状の強さ......

▲このページのトップへ