月経周期に伴う過眠や不眠

月経の1週間前くらいから月経の最初の頃にかけて猛烈な眠気に襲われてしまう女性はいませんか?
そして反対に、なかなか眠れなかったり寝ても途中で目が覚めてしまったりする女性はいないでしょうか?

スポンサードリンク


実はこれ月経周期に伴う睡眠障害なんです。
月経前に眠れなくなってしまう事を"月経前不眠症"と言い、
月経前に猛烈な睡魔に襲われてしまう事を"月経前過眠症"と言います。


何故このような事が起こるのかと言うと、
エストロゲンやプロゲステロン等の女性ホルモンが睡眠に影響を与えるからなんです。
特に黄体期(排卵から月経まで)に血中濃度が高くなるプロゲステロンは、
睡眠の質にかなり影響を及ぼすと言われています。


日中にウトウトしてしまうと仕事の作業効率が落ちたりしますし、
スッキリ眠れない事で苛々も蓄積されてしまいますが、
月経周期に伴う睡眠障害は月経が始まってある程度時間が経過すると自然とおさまってきます。
気になるとは思いますが一時的なものなので、
他の事で気を紛らわすなどして上手に乗り切ってしまいましょう。


しかしあまりにも月経前や月経中の不眠や過眠が酷く、
日常生活に大きな影響を与えるという感じならば婦人科等で相談をしてみるのも良いと思います。
毎月の事ですからね。


また、常日頃から栄養バランスの整った食事を食べ、
規則正しい生活をする事も良い影響を与えるようです。
自分で出来る事は積極的に行ない、月経周期に伴う睡眠障害の症状が少しでも軽くなるよう心掛けて下さい。

スポンサードリンク



この記事のタグ

サイト内関連記事

女性と睡眠障害
女性ホルモンの変化等が関係している女性特有の睡眠障害がある事を皆さんはご存知でし......
妊娠に伴う過眠や不眠
妊娠中も女性は女性特有の睡眠障害に悩まされる事があります。 人によって症状の強さ......
更年期と睡眠障害
女性は40歳代後半から50歳代前半で閉経する方が多いです。 閉経を挟んだ10年前......

▲このページのトップへ