ストレスや苛々に効果的

ストレスや苛々でなかなか眠りにつけない、神経が高ぶって眠りが浅い、朝の目覚めが悪いなどの睡眠障害には症状に合った精油を使用してのアロマが効果的という話はしました。

スポンサードリンク


では具体的にどの精油をどれくらいの量どんな方法で使用すると睡眠障害に効果的なのかという事をご紹介していきます。


眠りにつけない、眠りが浅い、朝の目覚めが悪い等の症状がある方は、是非症状に合わせたアロマを取り入れて質の良い睡眠を手に入れて下さい。


●ストレス・苛々を無くし心を落ち着かせる
日々のストレスや苛々が原因で心が乱れなかなか眠れないという方にお勧めな精油がローズ・オットーとベルガモットです。ローズ・オットーにはストレス一杯の心を解きほぐす効果があり、ベルガモットには心を落ち着かせる効果や気分転換の効果があります。ストレスを感じて眠りにくいという睡眠障害の場合には、このような精油達を使用してアロマバスを行なうのが良いです。


・使用量:ローズ・オットー又はベルガモットを6滴


・使用方法:38度前後の少しぬるめのお湯をはっているお風呂に精油を6滴入れます。そしてそのお風呂に肩までじっくり浸かりましょう。


・使用上の注意:ベルガモットは光毒性有り。ローズ・オットーは妊娠中の方は使用してはいけません。


・その他おすすめの精油:ラベンダー、カモミール・ローマン、ローズマリー等


上記の精油を使用してぬるめのお湯にゆっかり浸かり、心地良い香りに包まれる事で、優しい気持ちになりストレスも緩和されます。睡眠障害も軽快する可能性も考えられます。

スポンサードリンク



この記事のタグ

サイト内関連記事

アロマテラピーとは
アロマテラピー(アロマセラピーとも言う)は、 植物(花や木など)に由来する芳香成......
精油とは
アロマテラピーが睡眠障害に効果的だという事を知り、 早速始めてみたいと思う方も居......
精油の作用
睡眠障害にも有効とされるアロマテラピーで主役を飾るのは精油(エッセンシャルオイル......
睡眠障害別のアロマ
睡眠障害にはアロマが効果的なのですが、睡眠障害と一言で言っても色々な種類がありま......
眠りが浅い時に効果的
ストレスや苛々のせいで入眠がし難いという状態の睡眠障害には、ローズ・オットーやベ......
目覚めの悪さに効果的
なかなか眠れないという睡眠障害も辛いですが、朝なかなか起きられないという睡眠障害......

▲このページのトップへ