眠くなる入浴方法

睡眠障害の方が出来るだけ良い眠りにスッと入っていけるようにする為には、
眠りの前に行なう"入浴方法"にも気をつけたいところです。

スポンサードリンク


「ぱぱっと入ってぱぱっと出る」
「熱いお湯にゆっくり浸かる」
「シャワーだけ浴びる」


などなど、入浴方法も色々あるとは思いますが、
実は"眠くなりやすい入浴"というものが存在しているんですね。
「お風呂くらい好きに入らせてくれ!」という方もいるかもしれませんが、
睡眠障害を改善する為にはやはり効果的な入浴方法を行なった方が良いでしょう。
お風呂は血行を促進したり、交感神経のバランスを睡眠に最適な状態にしたりという効果があるのです。
それを上手に利用出来たら良いですよね。


●入浴する時間
基本的に入浴するのは就寝する2時間前くらいが最適です。


●お風呂の温度
お風呂の温度は37~39度が理想的。
熱めのお湯は良くありません。
ぬるめのお湯に最低でも20分程度浸かりましょう。
そうする事で血行が良くなり体が温まります。


●シャワーは強めに
シャワーを浴びる時は強めの水圧を頭上から浴びると効果的。
実はシャワーには交感神経のバランスを保持する働きがあるのです。


●マッサージ
入浴している間でも良いですし、入浴が終わった後でも良いので、
マッサージをするようにしましょう。
約15分ほどですかね。そうすると更に体の芯から温まります。


正しい入浴で体温がポカポカと温まるという事が重要なのです。
体温差が激しい方が眠気というものは強まります。


睡眠障害の方がポカポカ温まった状態で布団へ入り、
次第に体の温度が下がってくるとリラックスした状態で眠れるという訳なんですね。

スポンサードリンク



この記事のタグ

サイト内関連記事

軽い運動をする
何らかの睡眠障害で眠る事に不安や不満があると、 例えそれが軽度でも疲れが抜けきら......
運動をする時間帯
睡眠障害の症状を緩和する為の運動は、 夕方から夜に行なうのが最も効果的だと言われ......
食事にも注意を
睡眠障害を克服する為には、食生活に気を配る事も大変重要です。 バランスの良い食事......
眠りに良い食材
ここでは食べると眠くなりやすい食品(食材)や飲み物、 そして質の良い眠りに効果的......
心地よい音楽
睡眠障害には色々なタイプがありますが、 入眠するのが困難なタイプに効果的なのが音......

▲このページのトップへ