運動をする時間帯

睡眠障害の症状を緩和する為の運動は、
夕方から夜に行なうのが最も効果的だと言われているようです。
しかし夜と言っても眠る直前に行なうのは駄目ですよ。
交感神経が興奮状態になり眠りを妨げてしまいます。

スポンサードリンク


睡眠障害の為に軽い運動を行なおうと考えている場合は、
夕方から眠る3時間前までに運動しておきましょう。


22時に眠る人は19時くらいまでに。
23時に眠る人は20時くらいまでに運動をしておくと良いという訳ですね。


人は運動によって上昇した体温が下がる時に「眠気」を感じます。
眠る直前に運動を行なうと、
体温がなかなか下がらず眠りにつけなくなってしまうのです。


なので、ただやみくもに運動をするのではなく、
良い睡眠をとる為には「睡眠のタイミング」もしっかりと考えておきましょう。


更にその運動を毎日ほぼ同じ時間帯で淡々とこなす事も重要です。
体にリズムが刻まれ体内時計の乱れ等も整えてくれます。


ですが、あまりガチガチに決めすぎると面倒臭くなってしまいますし、
3日坊主になってしまう可能性も考えられますので、
最初は緩く始めていきましょう。


慣れてくれば自然とそのリズムが定着し、
無理を感じずに適度な運動を行なえるようになると思います。


また、夕方~夜に行なうのが効果的とは書きましたが、
その時間に運動が出来ないという方も中にはいると思います。
そうした場合には日中に行なっても全然大丈夫です。
何もしないよりはずっと良いですからね。


仕事中普段より歩くようにしたり、
なるべく階段を利用するようにしたり、
電車やバスで立つようにしたり、
それらのちょっとした心掛けも睡眠障害には効果的です。

スポンサードリンク



この記事のタグ

サイト内関連記事

軽い運動をする
何らかの睡眠障害で眠る事に不安や不満があると、 例えそれが軽度でも疲れが抜けきら......
眠くなる入浴方法
睡眠障害の方が出来るだけ良い眠りにスッと入っていけるようにする為には、 眠りの前......
食事にも注意を
睡眠障害を克服する為には、食生活に気を配る事も大変重要です。 バランスの良い食事......
眠りに良い食材
ここでは食べると眠くなりやすい食品(食材)や飲み物、 そして質の良い眠りに効果的......
心地よい音楽
睡眠障害には色々なタイプがありますが、 入眠するのが困難なタイプに効果的なのが音......

▲このページのトップへ