レム睡眠時行動障害

レム睡眠中というのは脳は活発に動いていますが、体の骨格筋は緊張が低下しています。筋肉の緊張が低下しているからこそ、例えば夢の内容が激しかったり活発だったりしても、その内容に同調して体を動かす事も無く、静かに眠る事が出来るのです。

スポンサードリンク


しかしその自然なメカニズムが何らかの原因によって機能しなくなってしまう事があります。それがレム睡眠時行動障害という睡眠障害です。この睡眠障害はレム睡眠中の夢の内容に体が反応し、さまざまな異常行動を引き起こします。


レム睡眠時行動障害を引き起こす要因として挙げられている疾患は下記のものです。


・脳腫瘍
・パーキンソン病
・オリーブ橋小脳萎縮症
・レビー小体型認知症


しかしこうした基礎疾患を持っていない人でもレム睡眠時行動障害になります。
患者の約半数は上記の疾患を持っておらず、何故このような睡眠障害が起こってしまうのかわからない状態になっています。


レム睡眠時行動障害の主な症状は、


・寝言
・睡眠時の異常行動


となっています。
寝言や手足が少し動いてしまうという軽度の場合は問題ありませんが、
酷い場合では殴る蹴るなどの行動を起こしてしまう事もあります。
隣で寝ている人に危害を加えたり、または自傷行為を行なってしまったりです。
このような場合は大変危険ですので、早急に治療を行なう必要があります。
もし家族やパートナーの様子がおかしいと感じたら専門医に連れて行ってあげましょう。


レム睡眠時行動障害の大きな特徴は、夢の内容と本人の異常行動が一致している事です。本人も夢の内容を覚えています。
また、異常行動中に目を覚ましてあげる事も容易です。
睡眠障害のひとつである夢遊病などでは目を覚まさせる事が非常に困難で、
更に異常行動中の記憶はほとんどありません。
このふたつはとても似ている睡眠障害ですが細かく見ると異なる部分があるのです。


レム睡眠時行動障害の治療は誘因を除去する事(禁酒・禁煙等)や、
薬物療法によるものがあります。
薬物療法ではクロナゼパムを使用する事が多く、この薬によって症状が軽快する患者も非常に多いと言われています。


しかしクロナゼパムは睡眠時無呼吸症候群の症状を悪化させてしまう可能性があるので、患者がもし無呼吸症候群だった場合には、先にそちらの治療を行なう事になります。

スポンサードリンク



この記事のタグ

サイト内関連記事

睡眠時随伴症とは?
睡眠時随伴症とは、入眠する時や寝ている間、そして覚醒する時に起こるさまざまな障害......
睡眠時遊行症
睡眠時遊行症は睡眠障害のひとつで、睡眠時随伴症の中に含まれます。 "夢遊病"とい......
夜驚症
睡眠時遊行症よりも低い頻度ですが、それでもかなり多く見られる睡眠障害に夜驚症があ......
睡眠麻痺
睡眠時随伴症のひとつに含まれる睡眠障害に睡眠麻痺というものがあります。 "睡眠麻......
睡眠麻痺の原因
カラダは休息状態で脳は覚醒状態という時に起こる睡眠障害が睡眠麻痺です。 心霊現象......

▲このページのトップへ