睡眠時遊行症

睡眠時遊行症は睡眠障害のひとつで、睡眠時随伴症の中に含まれます。
"夢遊病"という呼び名の方が知っている人も多いでしょうか。

スポンサードリンク


この睡眠障害は眠っている間、発作的に異常行動を起こしてしまいます。
無意識の状態でウロウロと歩きまわってしまったり、
訳のわからない行動を一通りした後にまた就寝します。
そして本人はそんな状態になっている事を全く覚えていません。
本当に無意識で歩き回ってしまっているんですね。


睡眠時遊行症は眠りについて1時間~3時間ほど経過した"ノンレム睡眠中"に起こる事が多いとされています。


この睡眠障害を発症するのはほとんどが4歳~8歳くらいです。
子供が多いんですね。
そして多くは成長と共に症状が起こらなくなり、
思春期までには見られなくなります。


睡眠時遊行症はいわゆる寝ぼけている状態ですので、
心配する必要はそこまでありません。
気をつける事と言えば、歩き回る時に物にぶつからないよう通り道を綺麗にしておくくらいでしょうか。
後はそうですね、旅行などでいつもと違う部屋等に泊まる時は注意が必要かもしれません。
何処に何があるかしっかりと把握しておきましょう。


睡眠時遊行症の原因として多く考えられるのは、下記のものです。


・興奮状態のまま眠ってしまった
・精神的ストレス


しかし特に原因が見当たらない場合でも慢性的に起こってしまう事があります。


先程も書いたように多くは自然と起こらなくなる睡眠障害なのですが、
症状が酷い場合やなかなか改善されないと言った場合には、
ベンゾジアゼピン系の薬を使用した薬物療法が行なわれたりもします。


また、睡眠時遊行症で歩き回っている者を無理に起こしたり、
歩き回るのを止めさせようとすると危害を加えられる可能性もあります。
危険な状態ではない限りそっとしておいてあげましょう。
もし急を要する時は自分で起こさず救急車や警察に頼む方が良いかもしれません。

スポンサードリンク



この記事のタグ

サイト内関連記事

睡眠時随伴症とは?
睡眠時随伴症とは、入眠する時や寝ている間、そして覚醒する時に起こるさまざまな障害......
夜驚症
睡眠時遊行症よりも低い頻度ですが、それでもかなり多く見られる睡眠障害に夜驚症があ......
睡眠麻痺
睡眠時随伴症のひとつに含まれる睡眠障害に睡眠麻痺というものがあります。 "睡眠麻......
睡眠麻痺の原因
カラダは休息状態で脳は覚醒状態という時に起こる睡眠障害が睡眠麻痺です。 心霊現象......
レム睡眠時行動障害
レム睡眠中というのは脳は活発に動いていますが、体の骨格筋は緊張が低下しています。......

▲このページのトップへ