治療方法

症状が酷くなると不眠症などの睡眠障害を引き起こし、日常生活にも大きな影響を与えてしまうのがむずむず脚症候群です。脚に起こるさまざまな症状は勿論の事、夜眠れないというのは本人の体力をどんどん奪ってしまいます。体力を奪われると精神的にも弱ってしまいますし、悪循環になってしまいがちです。出来る事なら早い段階で症状を軽くしたいですよね。

スポンサードリンク


むずむず脚症候群の治療には、非薬物療法と薬物療法の二種類があります。
一般的に軽症の患者さんは非薬物療法を、
重症の患者さんはどちらもという感じになるでしょう。


●非薬物療法
・コーヒー等カフェインの摂取をやめる
・アルコールをやめる
・煙草をやめる
・ぬるいお風呂に入る
・眠る前にストレッチや体操を行なう
・足の裏をマッサージする
・規則正しい生活を心掛ける
・食生活はバランス良く適度な運動も心掛ける
・睡眠ダイアリーをつけてみる


●薬物療法
・ドーパミン機能の促進剤
・抗てんかん剤 他


非薬物療法と薬物療法の併用で、多くの患者さんの症状が緩和されます。
大幅に症状が改善されるという人も多いのです。
また、鍼灸や漢方薬による治療方法も確立されています。
脚のむずむず感が解消されれば睡眠障害も自然と解消されるでしょう。


どの治療を行なうにしても信頼出来る医師を見つける事が重要ですね。
しかし、むずむず脚症候群の一番の問題点はここなんです。
身体所見や検査に異常が見られないので、診断がつかずドクターショッピングしてしまう事も。
もし、むずむず脚症候群だと思うのならば、
専門医を探し始めから専門医に診て貰う事をお勧めします。

スポンサードリンク



この記事のタグ

サイト内関連記事

むずむず脚症候群とは?
むずむず脚症候群という名前だけを聞くと、何だか可愛い感じさえしてあまり深刻な病態......
原因や分類
睡眠障害を引き起こしてしまうむずむず脚症候群の決定的な原因は、実は未だに解明され......

▲このページのトップへ