原因や分類

睡眠障害を引き起こしてしまうむずむず脚症候群の決定的な原因は、実は未だに解明されていません。しかし、神経を伝達する役目を担う物質"ドーパミン"の機能低下、"鉄分不足"による代謝の異常などが深く関わっているのではないかと考えられています。あとは遺伝的な要素ですね。

スポンサードリンク


このむずむず脚症候群は二つのタイプに分類されます。一つめのタイプは"特発性"です。特発性はむずむず脚症候群になる特定の原因がない人の事です。これに対して、他の疾患や薬物療法などが原因で症状が出てきてしまう人の事を"二次性"と言います。


更に45歳より前に発症したか後に発症したかという発症時期によっても分類される事があります。早期に発症した方は、症状の進行が遅く、家族にむずむず脚症候群を発症している人が居る場合が多く、後期に発症した方は、症状の進行が早く、神経障害が見られるケースも多いようです。


症状があらわれると患者は脚を叩いたりさすったり、脚をこすりつけたり、足踏みをしたり、酷くなってくると歩きまわったりする人もいるようです。そうする事で症状が軽減する場合もあります。


しかし上記の対処方法を行なっても症状が改善されない場合もあります。そうした時は薬物療法などを行なう事になりますね。

スポンサードリンク



この記事のタグ

サイト内関連記事

むずむず脚症候群とは?
むずむず脚症候群という名前だけを聞くと、何だか可愛い感じさえしてあまり深刻な病態......
治療方法
症状が酷くなると不眠症などの睡眠障害を引き起こし、日常生活にも大きな影響を与えて......

▲このページのトップへ