ナルコレプシーの治療方法

睡眠障害のナルコレプシーの治療は、
主に生活習慣の改善と薬物療法になります。
この睡眠障害は早期に専門医に相談をし適切な治療を行なえば上手に付き合っていく事も可能です。自分はナルコレプシーかもしれないと思ったら、すぐに病院で診察を受けましょう。因みに睡眠障害の専門は精神神経科や神経内科になります。睡眠時無呼吸症候群は神経内科以外に呼吸器内科や耳鼻科などでも診て貰えます。

スポンサードリンク


●生活習慣を改める●
どのタイプの睡眠障害にも言える事ですが、日常的な生活のリズムを規則正しく整える事は大切です。ナルコレプシーも同様ですね。


・起床時間と睡眠時間を決めて規則正しい生活を送る
・日中の眠気を軽減する為に夜の睡眠時間はしっかり確保する
・お昼休みに10分~30分程度の昼寝をする
・夕方17時頃にも10分~30分程度の昼寝をする
・暴飲暴食を避ける
・車の運転などは極力しない(する時は発作の起きにくい時間帯を選ぶ)
・職場や学校などに病気の事を正しく説明し理解を深める


医師と相談をしながら、生活の見直しをきっちりと行ないましょう。


●お薬と上手に付き合う●
ナルコレプシーの治療ではお薬と上手く付き合う事も重要です。
主治医の指示をしっかりと聞き効果的な服用方法を行なって下さい。


深い睡眠が出来ず夜中に目を覚ましてしまう事が多い時は、作用する時間が短めの睡眠薬が処方されます。夜にしっかりと眠る事で日中の眠気を軽減させる可能性があるのです。また、幻覚のせいでなかなか寝付けないといった場合には、アナフラニールという抗うつ薬が効果的です。


日中の激しい眠気には精神刺激薬が処方されます。現在日本ではモディオダールを出す事が一般的です。この薬は世界各国で承認されており、ナルコレプシー治療には欠かせない選択薬となっています。

スポンサードリンク



この記事のタグ

サイト内関連記事

過眠症とは
前日の夜に眠れなくて、日中強い睡魔に襲われてしまう事は誰にでもあります。 試験勉......
ナルコレプシー
睡眠障害の中のひとつ過眠症は、夜間にしっかりと睡眠をとったはずなのに日中強烈な眠......
ナルコレプシーの症状
ナルコレプシーという睡眠障害の患者さんには4つの特徴的な症状が見られます。 ・日......
特発性過眠症
特発性過眠症はナルコレプシーに似た症状ですが、 ナルコレプシーとは異なる睡眠障害......
特発性過眠症の原因と治療法
過眠症状を伴う睡眠障害のひとつである特発性過眠症。 夜に長時間寝ていても日中に酷......

▲このページのトップへ