熟眠障害

これまでさまざまな睡眠障害(不眠症)のタイプを紹介してきましたが、
今回紹介する熟眠障害は少し変わった不眠症です。

スポンサードリンク


不眠症は大きく4つに分けられ、
熟眠障害以外では、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒がありました。
そのどれもが明らかに睡眠時間が短縮されてしまっているという症状がありましたよね。


入眠障害は寝付く時に睡眠の時間が削られ、
中途覚醒は起きる度に睡眠の時間が削られ、
早朝覚醒は早く起きすぎる為に睡眠時間が削られてしまっています。


しかし熟眠障害はそうではありません。
熟眠障害の特徴には以下のものがあります。


・睡眠時間は十分にとれている
・睡眠時間は足りているのに眠った気がしない
・眠りが浅い
・睡眠不足を感じてしまう


睡眠時間が十分にとれていたとしても、日中に疲れを感じたり睡眠不足を感じるようであれば、それは不眠症になります。


熟眠障害の原因は主に環境の変化です。

・引越しをしたばかり
・寝具を変えたばかり、又は寝具が季節に合っていない
・出張などでホテルの利用が続いている
・近所の騒音などが気になっている


上記の部分を改善出来るところから改善していけば症状は軽減するかもしれません。
しかし睡眠時無呼吸症候群やいびきや夢遊病など、
本人の自覚していない部分が原因となっている事もあります。
そういった時は上記の点を改善してもあまり効果が出ないと思います。


気になる場合は家族などに協力して貰い、まずは睡眠障害の原因が何なのかを探ってみましょう。

スポンサードリンク



この記事のタグ

サイト内関連記事

不眠症とは
基本知識のところでも少し触れましたが、不眠症は睡眠障害の一種です。 ・夜眠ろうと......
入眠障害
睡眠障害のひとつである不眠症には大きく分けて4つの種類があります。 その内の1つ......
中途覚醒
今回は睡眠障害の中のひとつである中途覚醒についてお話していきます。 中途覚醒は不......
早朝覚醒
高齢になってくると早起きになるというイメージがありますよね。 事実おじいちゃんお......

▲このページのトップへ