中途覚醒

今回は睡眠障害の中のひとつである中途覚醒についてお話していきます。
中途覚醒は不眠症のタイプの1つです。

スポンサードリンク


布団に入ってもなかなか眠れない入眠障害とは違い、
中途覚醒は寝ている間に何度も目が覚めてしまうという特徴があります。


例えば少しの物音で目が覚めてしまったり、一度起きるとまた眠るまでに時間が掛かってしまったりという症状です。目が覚めてもすぐに眠れるのは中途覚醒ではありません。


中途覚醒は不眠症の中でも訴える人が多いタイプになります。
また、中高年に多いとも言われています。


夜中に何度も目が覚めてしまう事で、脳や身体が十分な休息をとる事が出来ず、眠っても疲れている状態が続き、日中に眠くなってしまったり集中力が低下してしまうという症状があらわれます。


中途覚醒の原因として挙げられるのがアルコールやカフェインや煙草などです。特にアルコールは中途覚醒に良くないとされています。
夜中に頻繁に目が覚めその後なかなか寝付けない状態が続いているという方は、アルコールを禁止した方が良いでしょう。また、入眠障害と同じくストレスは良くないとされています。


更に病気や身体的なものが原因となっている事もあります。
睡眠時無呼吸症候群の人の中には、自分が気付いていないだけで夜中に何度も目が覚めてしまっている事があります。いびきが凄い、太っている、起きた時に口や喉が渇いている、日中の睡魔がもの凄いという方は注意が必要です。


睡眠障害の不眠症には実に色々なタイプがある事がわかりますね。

スポンサードリンク



この記事のタグ

サイト内関連記事

不眠症とは
基本知識のところでも少し触れましたが、不眠症は睡眠障害の一種です。 ・夜眠ろうと......
入眠障害
睡眠障害のひとつである不眠症には大きく分けて4つの種類があります。 その内の1つ......
早朝覚醒
高齢になってくると早起きになるというイメージがありますよね。 事実おじいちゃんお......
熟眠障害
これまでさまざまな睡眠障害(不眠症)のタイプを紹介してきましたが、 今回紹介する......

▲このページのトップへ